A○Bにいそうなかわいい子が僕の妹だったらいいなぁと思ってたら本当に来てくれたという夢のような話

A○Bにいそうなかわいい子が僕の妹だったらいいなぁと思ってたら本当に来てくれたという夢のような話

A○Bにいそうなかわいい子が僕の妹だったらいいなぁと思ってたら本当に来てくれたという夢のような話

「ただいま、おにいちゃん!私のパンツの匂い嗅いだでしょ!?」と怒ってるように見えたがあんがいまんざらでもない感じで自分からスカートを捲り、いきなりオナニーをし始めた僕の妹。我慢できずにマンカスがチラホラあるイヤらしいおマンコを舐めてあげた。「やめて、おにぃちゃん」と言いながらも腰はクネクネとよがっている。丁寧に玉や竿を舐めてもらった後、全裸にしてみた華奢な体型に似合わぬ巨乳が飛び出した!いつの間にこんなに成長したんだ!おにいちゃんは知らんぞ!お仕置きはお尻ペンペン中出しだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です